おせち料理の選び方

近年では、おせち料理を通販サイトで申し込んで購入する人が増えてきていますが、購入に慣れていないために、希望に合わないおせちが届いてしまったという人もいるかもしれません。そこでここでは通販サイトでのおせち料理の選び方について、お話していきたいと思います。

しめ縄

 

通販サイトでおせちを選ぶ際に気をつけた方がいいことは、大きく分けて4つあります。

 

お重のサイズとその段数

お重

まず1つ目はお重のサイズとその段数です。

 

これは人数や食べ方によっても変わってきますが、初めて購入するのであれば、5〜6人前なら8.5寸の三段重、3〜4人前なら6.5寸の三段重、2〜3人前なら小さめの三段重、という基準を目安とすると良いでしょう。ただしこれも食べる際におせちだけを食べるのか、お餅やご飯や他の料理も食べるのかで変わってくると思います。

 

例えば6.5寸のお重で、おせちだけを食べるのであれば、3〜4人前でも構いませんが、他のものも食べるのであれば5〜6人前位になりますし、おせちだけでも沢山食べたいのであれば、2〜3人前位ということになります。

 

ただどうしてもどれか1つに決められないのであれば、大きめのサイズを選んでおけば余るかもしれませんが、十分満足することが出来ますし、足りなくて不満が残るよりはいいのではないかと思います。

 

前持ってお正月に家にいる人数や、料理の食べ方の傾向を確認しておくことが大切です。

 

食材

食材

2つ目のポイントは食材です。おせちに限らず料理は食材や産地によっても、価格は変わってきます。

 

中国産等の輸入食材を使ったものは安くなり、日本の国内産の食材を使うと高くなります。

 

今の日本で最も多く出回っている輸入食材は、圧倒的に中国産のものが多いですが、中国産の安価なものは安全面や衛生面で不安があります。

 

また中国に限らず遠方から輸入されるということで、保存料等の添加物が多く使われている可能性もありますので、そうした食材から作られたおせちは買わない方がいいと思います。

 

一方で通販のおせちは、デパートや百貨店で売っているもののように中間マージンが発生しませんので、販売価格を低めに抑えながら、国産の厳選された良質な食材を使ったおせち料理もありますので、製品を選ぶ際には、その点も注意しなければなりません。

こま

 

冷凍か冷蔵か

3つ目のポイントは、冷凍おせちにするか生(冷蔵)おせちにするかという点です。

 

冷凍ものは作りたてのおせち料理を急速冷凍して配送され、生ものは保冷剤を同梱してクール便で配送されます。冷凍おせちは説明書の指示通りに正しく解凍すれば、何の問題もないのですが、もし間違えてしまいますと旨味を含んだ水分が抜けてパサパサになり、料理の味が落ちてしまいますから、十分注意する必要があります。

 

冷蔵おせちは解凍の手間はかかりませんが、例え保冷剤入りでクール便で運ばれるにしても、配送の間に劣化しないという保証はありません。

 

冷蔵おせちを注文する際は、配送体制がキチンとしている所を選ぶようにしましょう。

お店選び

4つ目のポイントはお店選びです。

 

これは正確には会社乃至はサイト選びということになりますが、事前に販売実績や公式サイトに寄せられた口コミをチェックして、売上高が高く、口コミでも評判のいい所を選ぶようにしましょう。

 

販売実績の良い所は、購入者から寄せられた意見を参考に日々研鑽を積んでいる筈ですので、同じ所から購入し続ければ、料理はグレードアップしていくと思います。