冷蔵おせちのメリットとデメリット

通販おせちには冷凍おせちと冷蔵おせちとがあり、近年は冷凍おせちの人気も高くなってきましたが、冷蔵おせちを購入する人が減ったわけではありません。

 

そこでここでは、冷蔵おせちのメリットとデメリットについて、お話していきたいと思います。

家族でおせち

 

まずメリットについてですが、冷蔵おせちの主なメリットは2つあります。

 

解凍の手間がない

おせち料理

1つ目は解凍の手間をかけずに済むということです。
冷蔵おせちは届いたらすぐに冷蔵庫に入れて保管しておくだけでよく、解凍する手間も失敗する心配もないのが、1番のメリットです。

 

年末に届いても、元日までそのまま保管しておいて、元日になったらすぐに出して食べることが出来ます。ですから、年内は何の心配もなく大掃除等の幼児を片付けることが出来るわけです。

 

冷凍おせちの場合ですと、忙しくて解凍を忘れてしまって間に合わなかったり、逆に早すぎて風味が落ちてしまう可能性もありますが、冷蔵おせちならば、そうした心配は一切ありません。

 

風味を楽しめる

匠のおせち料理

次に2つ目のメリットですが、これは風味を楽しめるという点です。

 

冷凍おせちでは生の食感を楽しむ食材を使うことが出来ませんが、冷蔵おせちならば、生のものも加熱調理したものと同じように、風味を楽しむことが出来ます。

 

つまりなますや数の子といった生ものから、きんぴらや煮物に至るまで、幅広いバリエーションの料理を味わうことが可能なのです。

 

作り立てのまま届けられることで、より美味しくいただくことが出来ると考えて、差し支えないと思います。

 

次はデメリットについてですが、こちらも2つあります。

 

日持ちがしない

匠のおせち料理

まず1つ目は、冷凍おせちは日持ちがしませんので冷凍おせちのように、柔軟な配送日の設定をすることが出来ないという点です。

 

配送日は1度決まりますと、動かすことが出来ませんから、それに合わせて年末年始の予定を組むようになります。

 

予定が流動的であったり購入を申し込もうとしている時点で、まだ予定が決まっていない場合は思うような予定が組めなくなりますから、冷凍おせちの方にした方が良いかもしれません。

 

冷蔵おせちは冷凍おせちのように何日もおいておくことは出来ず、届いたら決まった期間で食べきらなければなりませんが、これは冷凍おせちを解凍した場合でも同じです。

 

価格

匠のおせち料理

2つ目のデメリットは価格についてです。
これはおせち専門の通販サイトならば問題はないのですが、デパートで売っているおせちですと、冷凍おせちよりも高くなる傾向があるので注意が必要です。

 

また冷蔵おせちについては、配送している間の料理の劣化や、料理同士の匂いが混ざってしまうことを心配する人もいますが、良心的な通販サイトであれば、保冷剤を入れてキチンと梱包されクール便で配送し、重箱の中身は仕切りを多用して、料理同士がくっつかないように配慮していますから、配送後のことも考えてくれている所に注文をすれば、そうした懸念は払拭されると思います。