おせち料理の歴史と由来

今では通販サイトから購入するまでになっているおせち料理ですが、そのおせち料理の肝心の歴史や由来については、以外に知られていないのではないでしょうか。そこでここでは、おせち料理の歴史や由来について、簡単に触れておきたいと思います。

おせち料理画像

 

おせち料理のそもそものルーツは、日本人が弥生時代にお米を食べ始めたことに始まると言われています。

 

当時の日本人の食材の獲得方法が狩猟から稲作等の農耕に移行するのに伴い、次第に自然の恵みに感謝する習慣が生まれ、神様に収穫の感謝を捧げる行事をするようになったのだそうです。

 

またその頃、中国から季節の変わり目を節と呼ぶ暦も伝わり、この節に合わせて収穫の感謝を現すために作られた料理が、おせち料理のルーツではないかと言われています。

 

これらの料理を作る習慣は、奈良時代から平安時代にかけて序々に浸透していき、最終的には宮中の行事にもなりました。

 

そして暦の上で季節の節目に当たる節日に邪気を祓って、神に不老長寿を祈願する儀式として供え物をして宴を開くようになるのですが、この宮中行事を節会(せちえ)と呼びました。

 

平安時代当時の節会の中で特に重要視されたのが、1月1日の元日・同月7日の白馬(あおうま)・同月16日の踏歌(とうか)・5月5日の端午(たんご)・11月の新嘗祭(にいなめさい)最終日の豊明(とよのあかり)の5つであり、これらの節会で供された料理を御節供(おせちく)と呼び、現代のおせち料理の語源となっています。

 

但し当時の料理は、高盛の御飯等が出されたと言われており、現在のおせち料理とは全く違うものだったとのことです。

お正月文字

 

江戸時代になると幕府も五節供と呼んで、公式に式日(祝日)として幕府の行事となりました。当時の五節供とは、1月7日人日(じんじつ)・3月3日上巳(じょうし)・5月5日端午・7月7日七夕(しちせき)・9月9日重陽(ちょうよう)の5つであったそうです。

 

この五節供は庶民の間にも広まり、いくつもあるお節句の中でも1番おめでたいとされる、お正月の御節供の料理だけが料理として定着しました。

 

そして段々に料理の種類が増えていって、江戸時代の後期になると料理の1つ1つに意味を込め、新年を祝うために食べる習慣が定まり、年内に料理を作っておいて、お正月に家族揃って食べるようになっていったのです。

 

但し当時の料理は「食積(くいつみ)」或いは「蓬莱(ほうらい)」と呼ばれており、「おせち料理」と呼ばれるようになったのは昭和20年の終戦後だと言われています。

 

具体的にはとある百貨店で、箱詰めにしたお正月料理を「おせち料理」という商品名で売り出してから、おせち料理という呼称が定着していったのそうです。

 

おせち料理が遠い昔に日本人の食生活の中に根付き、数々の変遷を経て、私たちの生活に定着していった経緯が、これでおわかりいただけたかと思います。